×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

お血を自分で診断する方法

冷え対策

しろうとでもできる
お血の見分け方
http://hie.taisaku.client.jp/oketu/
HOME
お血を自分で診断する方法です。冷えの状態
が進んでいくと、於血(血がとどこおること)
になってきます。 素人でも簡単にできる
お血の見分け方とは?
◇ 冷え対策で代謝を強力サポート!
お血を自分で診断する方法

お血を自分で診断する方法

冷えが進むと、お血(血がとどこおること)になってきます。
冷え性を他覚的に診断する方法が、お血によるサインです。
冷えが生じると からだの全細胞臓器の代謝が悪くなり、
血液は毛細血管で流れが悪くなって、ドス黒くなります。
お血は、ふつう医師が腹部や舌の表や裏、形などをみて
判断しますが、実は素人でもできる診断方法があります。

◇ しろうとにもできるお血の見分け方
口をあけて舌の裏側をみます。舌を巻き上げ、舌の裏側が
どうなっているのか、鏡でみてみましょう。
全体にきれいなピンク色をしていれば、問題ありません。
血管が浮き出て、紫色になっていたら、注意が必要です。

その他の特徴としては、顔色がくすみがちで目の下にクマ
できやすかったり、歯茎やくちびる、爪の甲が紫色がかって
いる、また、日ごろから肩こりや腰痛がある、日焼け跡や傷跡、
やけど跡が消えにくい、指先がしびれやすいなどがあります。

◇ 半身浴で冷え解消
◇ 食事で冷え解消
◇ ストレッチで冷え解消
◇ 足の裏こすりで冷え解消
◇ 背伸び運動で冷えを解消

冷えをなくには MENU

copyright 2008-2011 (C) 冷え対策 All Rights Reserved